ビルへのSAML設定の種類

ビルの各スペース(各フロア)に対してSAML設定をするにはいくつか方法あります。運用や用途に応じて最適な方法をお選びください。

 

用途・特徴 設定方法 ご留意点
  • 全フロアに対し同等のアクセス許可設定をする
  • 1つのIDPアプリで管理する
  • 各ユーザーのフロア移動時にアカウント再認証が発生しないようにする

1. 1つのスペースでSAML認証を設定

2. 他フロアへ引用設定を実施

  • アクセス許可するユーザーを、フロア単位では制御できず、IDPのアプリに追加したすべてのユーザーが、すべてのフロアにアクセスできます。
  • フロア単位でアクセス許可するユーザーを制御する
各スペースにそれぞれSAML認証を設定
  • 各ユーザーがフロア移動する際は、毎回アカウント認証を行う必要があります。
  • IDPのアプリは、スペース数に応じた数を用意する必要があります。
  • フロア単位でアクセス許可するユーザーを制御する
  • 各ユーザーのフロア移動時にアカウント再認証が発生しないようにする

1. 各スペースにそれぞれSAML認証を設定

2. アクセス許可設定にIDPアプリに追加しているユーザーのメールアドレスを追加

  • IDPのアプリは、スペース数に応じた数を用意する必要があります。
  • 各ユーザーはSAML認証以外のログイン方式も利用可能です。
  • スペースの上位にあたる組織に対してSAML認証を設定
  • 各スペースへの設定が不要
AzureAD(組織向け)設定を実施
  • 本機能は実証実験として提供して提供しており、お申し込みが必要です。
  • 利用可能なIDPはAzureADのみです。
  • ビルの各フロアが同じ組織に属している必要があります。
  • 各スペースのアクセス許可、ブロックリストに該当しないユーザーは本認証方式でアクセスできません。

 

Tips

このセクションの記事

もっと見る