Workplace連携

本機能は実証実験として提供しております。ご利用を希望される場合は、以下のフォームよりお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

 

機能概要

oviceで受け取ったダイレクトメッセージをWorkplaceで表示します。
※ダイレクトメッセージとは、個人同士のメンションチャットを指します。@all、@hereなどのグループへのメンションや、複数人を宛先に指定するメンションは対象外です。

 

利用に必要な権限

組織へのセットアップ 組織オーナー・パーミッションユニットを割り当てられたグループ
アカウント連携 組織ユーザー

 

 

組織オーナーによるセットアップ

事前準備

セットアップに必要な権限があることを確認してください。

  • Workplaceの管理者権限
  • oviceの組織オーナー権限

 

Workplaceの設定

1. 管理者用パネルを開く

2. 「統合」をクリック

Screenshot 2023-12-15 at 4.22.26 pm.png

3. 「カスタム統合を作成」をクリック

4. 任意の名前と詳細を入力し「作成」をクリック

5. 名前、ロゴ、説明の編集ボタンをクリックし、ロゴに任意の画像をアップロード

Screenshot 2023-12-15 at 4.27.38 pm.png

6. サイドバーの「アクセス許可」をクリック

Screenshot 2023-12-15 at 4.33.12 pm.png

7. 以下項目を許可し「保存」をクリック

  • メンバーへのメッセージ送信
  • ユーザーのメールアドレスの読み取り

8. サイドバーの「詳細」を選択しアクセストークンを作成をクリック

Screenshot 2023-12-15 at 4.27.38 pm 2.png

9. トークンの「Copy」をクリック

このトークンは安全な場所に保管してください。

10. 確認画面の「理解しています」にチェックし「完了」をクリック

 

oviceの設定

1. スペースヘッダーの三本マークをクリックし、「組織」タブを選択
組織タブは組織オーナーのみアクセス可能です。

メインメニュー>組織タブ.png

2. 組織の設定→ 外部サービス連携 →「外部サービス」タブをクリック

3. 「Workplace」アプリをクリック

Screenshot 2023-12-15 at 3.20.48 pm.png

※アプリが設定画面に表示されない場合、画面の強制リフレッシュをお試しください。
強制リフレッシュの方法

4. アクセストークンの項目へWorkplaceの設定で取得したトークンを入力

5. 「保存」をクリック

この操作により、組織に属するスペース上の個人設定「外部サービス連携」にWorkplaceの項目が追加されます。この項目は組織ユーザーのみに表示されます。

 

アカウント連携

1. 外部サービス連携を開く

2. Workplaceの「連携する」をクリック

  • 操作したユーザーアカウントのメールアドレスを確認し、Workplaceに同一メールアドレスのアカウントが存在する場合連携に成功します。
  • 一つのスペースで連携を完了すると、組織に属するその他のスペースへも自動的に適用されます。

 

連携の解除

1. 外部サービス連携を開く

2. Workplaceの「連携済」をクリック

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

このセクションの記事