Slackへの通知(Webフックの利用)

自分宛てに届いたメンションチャットをトリガーとしたSlack通知の設定が可能です。

また管理者は、様々なトリガーによるSlack通知の設定が可能です。

 

事前準備

  • Slackの管理者権限が必要です。
  • 通知先とするSlackのチャンネルを用意してください。

 

Slackの設定

1. https://api.slack.com/appsへアクセス

2. 「Create New App」をクリック

Screenshot_2023-03-16_at_10.57.38_AM.png

3. 「From scratch」をクリック

4. 「App name」に任意の名前を入力

5. 「Pick a workspace to develop your app in:」にSlackのワークスペースを選択

6. 「Create App」をクリック

7. 左のメニューから「OAuth & Permissions」をクリック

Screenshot_2023-03-16_at_11.02.11_AM.png

8. 画面を少しスクロールし「Scopes」>「Bot Token Scopes」の「Add an OAuth Scope」をクリック

Screenshot_2023-03-16_at_11.03.32_AM.png

9. 「chat:write」を選択

Screenshot_2023-03-16_at_11.05.05_AM.png

10. 画面を上にスクロールし、左のメニューから「Incoming Webhooks」>「Activate Incoming Webhooks」をオンに切替

Screenshot_2023-03-16_at_11.07.01_AM.png

11. 「Add New Webhoook to Workspace」をクリック

Screenshot_2023-03-16_at_11.08.42_AM.png

12. 通知先のSlackチャンネル名を選択し「Allow」をクリック

13. 表示されたWebhook URLをコピー

Screenshot_2023-03-16_at_11.11.04_AM.png

14. ovice側の設定を実施

以下いずれかのステップに進んでください。
メンションチャットの通知を設定管理者、メンバーが設定可能)
様々なトリガーでの通知を設定管理者のみ設定可能)

 

oviceの設定(メンションチャットの通知を設定)

15. 個人設定から「外部サービス連携」へ移動

16. フックURLに、Slackの設定ステップ13の内容をペースト

17. ポストデータに以下の文字列をコピー&ペーストし、「保存」をクリック

{"text":"{{name}}さん「{{message}}」"}

 

oviceの設定(様々なトリガーでの通知を設定)

15. 画面左上の三本マークをクリックし、メインメニューの「スペース」タブを選択
※組織オーナーではない場合、タブ選択は不要です。

space-settings.png

16. 「スペース設定」→「Webフック」をクリック

17. 「Webフック設定」の+ボタンをクリック

18. トリガーを選択

以下を参考にし、通知させるトリガーを選択してください。
設定可能なトリガー

19. WebフックURLに、Slackの設定ステップ13の内容をペースト

20. Webフックポストデータのサンプルを参考にポストデータを入力し、「保存」をクリック

 

Tips

  • ポストデータは、textに対する値を自由に変更可能です。以下を参照してください。
    Webフックポストデータ
  • この設定では、ovice側のヘッダーデータは入力不要です。

 

このセクションの記事