ステータス切替

各ユーザーのステータスを確認します。また離席や、作業に集中する場合などの状況に応じ、自分自身のステータスを切り替えます。

 

ステータスの種類

状況に応じ、アバターを囲う色が変わります。応対可、作業中、離席中の3種類はステータス切替機能により、切り替えることが可能です。

ステータスの種類 状態 切り替え方法 スペースでの表示
応対可 スペース上で会話が可能な状態 ステータス切替を実施 1.png
作業中

オーディオ設定のボリューム設定が0になり、スペース上の音声が聞こえない状態

(使用例)作業に集中したいとき

ステータス切替を実施

2.png
ミーティング中 オブジェクトへ接続中、またはルームへ入室中の状態
  • オブジェクトへ接続
  • ルームへ入室
3.png
ライブアバター使用中 ライブアバターを利用している状態 ライブアバターを利用 4.png

位置情報表示ソケット利用中

リアルスペースの位置を表すアバターのため、スペース上の音声が聞こえない状態

(同一アカウントがスペースへアクセスしている場合は、もう一つ表示されるアバターに対し声をかけると音声が届きます)

以下いずれかの条件で、表示されます。

1. 位置情報表示ソケット機能を利用しビーコンがユーザーを検知

2. 1と同一アカウントでスペースへアクセスしたが、オンライン上でアバターを移動

5.png

離席中

スペース上からアバターが非表示になり、ユーザーリストの「離席中」に表示される

ステータス切替を実施

(使用例)休憩をとるとき、席を外すとき

6.png
オフライン

スペース上からアバターが非表示になり、ユーザーリストの「オフライン」に表示される。
※表示されるユーザー、閲覧可能なユーザーはともに管理者、メンバーのみ

スペースから退出 7.png

 

ステータス切替

1. 画面下部のメニューバーより、ステータスをクリック

Screenshot

2. 任意のステータスをクリック

「応対可・離席中・作業中」より選択します。また離席中・作業中のステータスでは以下の操作が可能です。

離席中 離席する

「離席する」をクリック
9.png

「今後このメッセージを表示しない」にチェックを入れると、次回以降ワンクリックで離席中のステータスへ切り替わります。

離席メモ

離席中の画面で離席メモを入力し「離席メモを更新」をクリックします。メモは、最大5件まで保存されます。他のユーザーは、ユーザーリストにてメモを確認できます。

10.png

チャット 離席中もチャットの送受信が可能です。
ユーザーログへの記録 離席はユーザーログへは記録されません。
スペースへもどる 離席中の画面にて、「スペースにもどる」をクリックすると「応答可」ステータスへ自動で切り替わります。 11.png
作業中 「応答可」のステータスへ変更 以下の動作を行なうことで「応答可」ステータスへ切り替わり、周囲の音声が聞こえるようになります。
  • ステータスを「応答可」に切り替える
  • マイクをオンに切り替える
  • オーディオ設定にてボリュームを上げる
  • ミーティングルームへ入室する

 

ステータスメッセージの登録・更新

現在のステータスを、より詳細に他のユーザーへ知らせるためステータスメッセージを追加します。

1. 画面下部のメニューバーより、ステータスをクリック

Screenshot

2. 「ステータス登録」をクリック

3. 詳細情報を入力し「保存」をクリック

ステータスメッセージを登録すると、他のユーザーも以下の操作で内容を確認できます。

プロフィールの閲覧 Screenshot
スペースのユーザーへカーソルをかざす

Screenshot

ステータスメッセージが登録されていない場合、メッセージの代わりにプロフィールの一部が表示されます。

スペースのユーザーをクリックする Screenshot

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

このセクションの記事